0476-37-7794
~ 営業時間等のお知らせ ~

10月17日(日) 17:00 閉店
.
10月19日(火) 店休日
.
ご不便をおかけして申し訳ございません。

バッテリーを長持ちさせる方法

スマホのバッテリーイメージ画像 バッテリー交換

バッテリーを長持ちさせたいお客様へ

スマホのバッテリーイメージ画像

iPhoneやiPad、androidのバッテリーはリチウムイオン電池が使われています。この電池はスマートフォン以外にもノートパソコンや他の電気機器に多く使われている何度も充電できる、小型ながら大容量、長寿命の高性能バッテリーとなっております。ただ、いくら高性能でもバッテリーであることに変わりはないのでどうしても劣化はしてきてしまいます。そこで今回はどういう環境で劣化しやすいのか、また劣化しづらい使い方などをご紹介いたします。

劣化しやすい環境・使い方

バッテリーなので劣化は絶対にしてきます。ですが、お客様の使い方や使っている環境によって劣化のスピードが大きく変わることはご存じでしょうか?

気温が高すぎる、低すぎる環境は✖

iPhoneなどは35℃以上、0℃以下になってしまいますとバッテリーの劣化に影響を与えてしまいます。ですので、夏や冬になるとバッテリー交換のお客様が一気に多くなります。さらに、劣化しすぎているとバッテリーが膨張してしまうこともございます。特にバッテリーが高温状態だと劣化を早めるだけでなく、異常に発熱してしまうことやバッテリーの発火や発煙などを引き起こす場合がございます。また、35℃以上には早々ならないと思うお客様もいらっしゃいますが、ポケットに入れっぱなしにする、車の中に入れっぱなしにする、入浴中に使用するだけでも簡単に35℃以上になります。

位置情報を常にONにしていると減りが早い

位置情報サービスってそもそもに何?って思いますよね。位置情報サービスというのは、そのスマホの利用者の現在地を教えてくれる機能の事です。地図アプリやポケモンGOなどでよく使われてます。ただ、常に位置情報をONにするということは、お使いのスマホが常に自分の現在地を計測することになりますので、その分バッテリーも著しく減っていきます。ポケモンGOをするお客様の充電の減りが普段使っている時に比べ早いのも、それが原因となります。

位置情報をOFFにする方法(iPhoneの場合)

iPhoneホーム画面

『設定』をクリックしてください。

iPhone設定画面

『設定』を開いたら『プライバシー』をクリックしてください。

iPhone設定プライバシー画面

『プライバシー』を開いたら『位置情報サービス』をクリックしてください。

iPhone設定位置情報サービス画面

こちらの『位置情報サービス』がONになっているのであればOFFにしてください。
これで『位置情報サービス』をOFFにできたと思います。

各アプリのバックグラウンド更新をOFFにする

アプリによっては使っていないにもかかわらず、自動更新がONになっていることで常に通信してしまっている状態になってしまっていることがあります。それをOFFにすることでバッテリーの消費を抑えることが出来ます。

バックグラウンド更新をOFFにする方法

iPhoneホーム画面

『設定』をクリックしてください。

iPhone設定画面

『設定』を開いたら『一般』をクリックしてください。

iPhone設定一般画面

『一般』を開いたら『バックグラウンド更新』をクリックしてください。

iPhoneバックグラウンド更新画面

『バックグラウンド更新』を開いたら『Appのバックグラウンド更新』をクリックしてください。

iPhoneバックグラウンド更新画面

『Appのバックグラウンド更新』を開くとこのような画面が出てきます。『オフ』または『Wi-Fi』をクリックすれば終わりです。

こまめにタスクを無くす

アプリの中にはタスクを開いているだけでバッテリーの減りが早くなってしまうものもございます。また、複数のタスクを同時に開いてしまっていることでも充電の減りが早くなってしまうことがございます。

iPhoneアプリのタスク画像

⇧これがタスクです。これが沢山表示されていると処理が重くなり、バッテリーの減りが早くなります。タスクの数がそこまで多くなくても、アプリによっては起動させているだけでかなりバッテリーを消費させてしまうことがございます。できるだけ使わないアプリは出来るだけタスクを消してくことをお勧めいたします。

画面の明るさを下げる

普段から画面の明るさを高めに設定している場合は、画面の明るさを下げてみるだけでも実はバッテリーの減りが結構良くなることがございます。理由としては、画面を明るくすることでもバッテリーは消費されます。また、画面の明るさがMaxの状態だと発熱もしやすく、その分バッテリーの劣化も早くなってしまう恐れがございます。

画面の明るさに関しては簡単に変更できます。『設定』を開き、『画面表示と明るさ』をクリックしていただきますと、明るさを自由に変えることが出来ます。お客様の明るさが高めである場合は、明るさを少し暗くしてみてください。

再起動してみる

iPhoneやandroid端末等もパソコンと同様の性能がございます。ですので、長い間起動し続けてしまうと動作が重くなってしまうことや内部に何かしらの不具合やエラーが発生する可能性がございます。その場合は強制再起動や再起動をすることで一度キャッシュをなくし動作を軽くすることが出来ます。

バッテリーの劣化に伴う症状

バッテリーの経年劣化が進むとバッテリーに様々な症状が発生してきます。代表的な症状としては、

・バッテリーが膨張してしまっている。
バッテリーの劣化が進むと気温が高くなり端末が発熱し、場合によってはバッテリーが変形(膨張)、発煙、発火してしまう恐れがございます。膨張してしまっている時はその端末は使わずに、発熱しないように電源を切り早めに修理店に相談しましょう。

・バッテリーの残量が残っているにも関わらず電源が落ちる。
この場合だとバッテリーの劣化が原因の可能性はもちろんありますが、それ以外にも基板の損傷の可能性がございます。一度バッテリーを交換をしてみてからの判断にはなりますがバッテリーが劣化しているだけであればバッテリー交換で改善致します。

・使用していると端末が異常に熱くなる。
バッテリーが劣化し過ぎてしまっていると、使用しているとすぐにバッテリーが熱くなってしまうことがあります。その場合、そのまま使い続けると発熱から他の部品や基板そのものにダメージを与える可能性が高く、かなり危険になります。

これでも減りが早い場合

上記で紹介したやり方を試してもバッテリーの減りが早く、何も改善しない場合はバッテリーの交換をお勧めいたします。

最後に

i-rescue千葉印西店のバッテリー交換はiPhoneであれば最短10分~、iPadやandroid端末であれば機種にもよりますがだいたいは最短90分~で修理可能となっております。また、修理金額も周辺地域最安値を目指しており、お客様に少しでもお得になるように努力していきます。また、当店はバッテリー交換だけでなく、画面割れ・液晶修理や水没復旧、基板修理、アウトカメラ交換、ドックコネクタ交換、バックパネル交換など、様々な修理にも対応可能です。修理対応機種もiPhoneやiPad、android端末(Xperia、Huawei、Galaxy、ZenFone、Google Pixel、HTC等)、パソコン等幅広く対応しております。修理といえばi-rescueとお客様に思っていただけるように頑張っていきますので、よろしくお願いいたしいます。

タイトルとURLをコピーしました